天才・たけしの元気が出るテレビ!! - 笑辞苑

天才・たけしの元気が出るテレビ!!

[てんさいたけしのげんきがでるてれび]

プロフィール

放送期間1985年4月14日〜1996年10月6日
放送時間帯日曜20:00-20:54
制作局日本テレビ
メイン出演者ビートたけし
出演者松方弘樹 高田純次 木内みどり 兵藤ゆき
スタッフテリー伊藤


イントロダクション

通称「元テレ」 企画ロケVTRをスタジオで見て、トークするバラエティー番組の元祖的存在の番組。、原田大二郎の「幸せ配達人」「勇気を出して初めての告白」「幸せの黄色いハンカチ」などの恋愛告白物、「ダンス甲子園」「口ゲンカ王」など高校生参加型の企画や、スポーツ選手を育成する「〜予備校」 参加した素人の中から的場浩二、山本太郎、岡田准一(V6)、グレートチキンパワーズらが芸能界入り。ボクシング元世界チャンピオン飯田覚士やサッカー日本代表GK土肥洋一などスポーツ界にも人材を輩出。企画段階で「元気が出る商事」という会社を舞台にしたコメディー番組だったため、出演者に「社長」「部長」「課長」「秘書」といった肩書きがあった。1995年春頃から裏番組「ごっつええ感じ」に押され始め、1995年10月にリニューアルをするも効果は上がらず、1996年10月で終了。前番組は「久米宏のTVスクランブル」で、ビートたけしは第1回の放送で、「あの番組は終わったのではなくやめさせられたの」と揶揄した。フライデー事件の際は、タイトルから「天才・たけしの」の冠を外して放送し、ビートきよしが1度だけ代理司会を務めたこともある。

エピソード


関連商品

リンク